« 切手代いくらかわかんないけど、君に届け | トップページ | コンビニ・ララバイ »

2012年9月12日 (水)

祭りの後に

下町ゆえのノリなのか、我が斉藤家には、ことあるごとに多くのお客さんが訪れます。年始やお祭り、花火の日。そんなイベントを迎える度に、どこからかゾロゾロと集まってくる客人たち。「ほら、ちゃんと挨拶して」「お邪魔しまーす!」。そしてその中には、小さなお子さんを連れたご夫婦の姿もちらほら…。

 

大人たち「まー大きくなって!2人とも何年生になったのー?」
りょう「3年生!」
きょう「1年生!」

 

子どもというのは、そこにいるだけで画になるもの。愛でられるもの。僕はできるだけの距離を置き、その姿を眺めていました。目立たぬよう、目立たぬように。

 

お母さん「ほらアンタ!2人と遊んであげな!」

 

だってさ、これがあるから。これ、絶対言われるから。

 

僕「…」
りょう&きょうママ「いつも遊んでくれてありがとねー」
僕「…いえ、とんでもない」

 

ねぇ、俺いつになったらこの役、卒業できんの?いつもそう。毎年、ご一行到着10分後には、いつもそう。大人たちはお酒を飲むと。で、子守りは俺がやると。

 

お母さん「気にしないでー。うちの子、老人と子どもには強いから」

 

ねぇ言い方。俺、わりと印象とか気にするほうだから。

 

りょう「わーい!」
きょう「お兄ちゃん遊んでー!」
大人たち「ホントに良い子たちだねー」

 

いや、いいんですよ。子どもの相手とかね、別にそこまで苦手なほうじゃない。可愛いなーとも思うよ。ただね、この兄弟が。りょうときょうが。

 

りょう「で?
きょう「何すんの?

 

何か、明らかに俺にだけ態度が違うんだけど。怖いんだけど。

 

僕「何して遊ぶ?トランプでもする?」
きょう「いいけど。大貧民する?」
りょう「じゃあ俺配る!」
僕「お、サンキュー。 じゃあトイレ行ってくるからその間に配っといてー」

 

戻ってきたら、俺だけ200枚ぐらいあるんだけど。扇みたいになってるんだけど。

 

りょう「じゃあ俺からね!あがりー!」
きょう「次俺ね!あがりー!」
僕「…はは、負けちゃった」

 

辛いんだけど。割と楽しみにしてたんだけど。

 

りょう「はい罰ゲーム!」
きょう「モノマネして!モノマネ!」
僕「…なんのモノマネすればいいの?」
りょう「じゃあねー、 教頭先生!」

 

知らないんだけど。一回も見たことないんだけど。

 

僕「け、けじめをつけろ!けじめを!」
りょう「それはお前だよ」
きょう「wwwwww」

 

どういう意味?ねぇ、どういう意味なの?

 

斉藤家母「りょう君きょう君、カルピス飲む?」
りょう「飲むー!」
きょう「わーい、ありがとーございます!」

 

もうね、こいつらホント何なんだと。毎食後にバファリン飲ませたいわ。

 

さて、カルピスを飲み干すなり、戻ってきたりょうときょう。「つまんないよー」「何かしてよー」。はえーよ。カルピスの魔法、解けるのはえーよ。 んーそんなこと言われても…と僕がおろおろしていると…。

 

おばあちゃん「あらー2人とも久しぶりー。何してるのー?」

 

お、おばあちゃん!そこでひょっこり顔を出したのは、我が家のおばあちゃんでした。

 

りょう「あー、おばあちゃんだー!」
きょう「今ねー、お兄ちゃんに遊んでもらってるの!」

 

救世主あらわる!僕はここぞとばかりに、おばあちゃんにテレパシーを送りました。(た、助けて!この子たちがイジワルするの!(女優気分))

 

おばあちゃん「うん。よーし、じゃあ今度はおばあちゃんが遊んであげようか」

 

よっしバリ3!君に届いた!「あたしから見たら、あんただってまだまだ子どもなんだよ」「おばあちゃん…」…誰も何も言ってないのに、勝手に妄想しては感動が止まりません。

 

りょう「ほんとー!?」
きょう「わーい!」
おばあちゃん「2人はいつもどんなことして遊んでるの?」
りょう「んー、ゲームとかー?」
きょう「プレステ2とかー?」

 

お前らさー。そこはリリアンとか言えよ。リリアンが何だかわかんないけど、リリアンとか言えよー。おばあちゃんにあんまり難しいこと言うんじゃないよ。プレステ2とか、ねぇ。

 

おばあちゃん「あ、それならおばあちゃんもできるよ」

 

りょう&きょう&僕「え!?」

 

…あ、あれは!?コンピューターおばあちゃん!!

 

母兄妹を育て、僕兄弟らを育てたおばあちゃん。もうね、子育てのプロ中のプロ。やってんのとか見たことないけど、プレステ2ぐらいお手の物なんで す。

 

さぁガキども!うちのおばあちゃんのグランドっぷり、しかとその目に焼き付けな!

 

おばあちゃん「せーの、ずいずいずっころばーしごまみそずい♪

 

…?

 

りょう「…?」
きょう「…?」
おばあちゃん「ちゃつぼにおわれてとっぴんしゃん♪」

 

…あの、おばあちゃん。それ、多分違うかも。

 

りょう「…??」
きょう「…??」
おばあちゃん「ぬけたーらどんどこしょー♪」

 

…おばあちゃん、それ「プレステ2」じゃない…。それ、「米食ってチュー」や…。

 

一曲披露したおばあちゃんもその場を去り、再び3人体制で活動をスタートした僕ら。そこでふと、僕の頭の中に名案が浮かびました。

 

僕「よし、2人とも。縁日行こう!」

 

そう、その日は地元の神社のお祭りの日。家から5分も歩けば、そこには何十という屋台が連なっているのです。はっはっは、そうだ、金だわ。金で力の差を教え込むしかねーわ。

 

僕「おばさん、ちょっとこの子たち、縁日連れて行っていいですか?」
りょう&きょうママ「あら?いいの?悪いわねー」
僕「いえいえ(ウッシッシ)」

 

焼きそばの焦げる匂い、氷の砕ける音、色とりどりの浴衣。「りょう、きょうが迷子にならないように、ちゃんと手つないでおいて」。いくら小生意気とは言っても、2人はまだまだ小学生。いかにも楽しげな雰囲気を前に、目をキラキラと輝かせています。

 

ふふふ。

 

ほーら、お金もってるの俺だけだよー。甘いのも楽しいのも、俺の気分ひとつだよー。まぁまぁ、さっきまでの非礼を詫びて?「お兄ちゃんおねがい」なーんてしおらしい一面を見せてくれたら?お金出してあげないこともないかなー、みたいな?☆

 

りょう「チョコバナナ美味しそう!」
僕「ふふ、欲しかったらお兄ちゃんに言ってね!(大人の余裕)」
りょう「いや、買い食いするとママに怒られるから」

 

きょう「あー金魚すくいだー!」
僕「ふふ、やりたかったらお兄ちゃんに言ってね!(肌テカテカ)」
きょう「でも、家で飼えないからかわいそう」

 

俺のゲスさ、U☆KI☆BO☆RI

 

お金で尊敬を買おうとしてた自分が、途端に恥ずかしくなりました。ねぇ、眩しいよ。お前ら、眩し過ぎんよ。

 

…。

…俺にもさ、あったんだよ。信じられないかもしれないけど、そんな時期。ピュアで、まっすぐで。金魚の心配しちまうような時期が、俺にもあった。でもさ、大人になって、歳をとって。段々と忘れて行った。現に今の今まで、お金で誰かの心を買おうとしてた。俺の心の、あの、ほら、金魚すくうやつなんて言うんだっけ?あ、ポイ?そう、俺の心のポイはすでに破け

きょう「あーポケモンだー!」

 

聞いてー。俺の心のポイの話きいてー。

 

りょう「いいなー!」

 

あれ、何か今までと食いつきが違う?2人の足はクジ屋さんの前で止まり、眩しそうに景品を眺めています。とくに、ポケモンのやつ。

 

僕「クジ、やってみる?」

りょう「…でもお母さんに怒られちゃうかも」
きょう「…うん」
僕「大丈夫、そしたらお兄ちゃんが謝ってあげるから」
りょう「ほんと?」
きょう「わーい!じゃあ一回だけやってもいい!?」

 

そういう顔されるとね、お兄さんちょっとグラっときちゃうから。父性とか芽生えちゃうから。にょきって。

 

僕「あ、じゃあ2回お願いします」
クジ屋さん「はいよー!じゃあ1枚ずつ引いて」
僕「ほら、りょう。先に引きな」
りょう「うん!」
きょう「お兄ちゃん頑張って!」

 

いや、何を頑張んだよ、とか思ってたんですけどね。「っしゃー!」。きょうの応援が届いたのか、りょうが当てたのはポケモンの大きなぬいぐるみ。 す、すげぇ。それ結構な当たりなんじゃないの?そして。

 

きょう「やった!見てー!」

 

お、お前も?ポケモンのフィギュアを抱えて、嬉しそうな顔を崩さないきょう。おいおい、兄弟揃ってすげーくじ運だな。いやーすごいすごい。さ、いこっか。

 

りょう「おにいty」
僕「いや、俺は大丈夫」

 

うん、まぁ絶対来ると思った。いや、だって、俺のクジ運の悪さ、知らないじゃん?俺、福引きのやつ回したら、中から虫出てきたことあるからね。

 

クジ屋さん「どう?お兄ちゃんも一回」

 

「じゃ、じゃあ…」。最低のクジ運を持つと共に、人に言われると中々断れない僕。まぁね、まぁ大丈夫っしょ。指人形ぐらい貰えるっしょ。…よっしゃ!何かいい の来い!

 

クジ屋さん「はい、じゃあこれね」
僕「えっと、これは…?」

 

手渡されたのは、艶やかな彫刻が施された、繊細なフォルム。こ、これは…?

 

クジ屋さん「カニほじるやつ
僕「カニホジルヤツ」

 

カニほじるやつ当たった。わーい、ちょうどこれ欲しかったんだー(白目)。

 

その後も、プゥラリプラプラと縁日を巡り歩く僕ら3人。「ねぇ。このカニほじるやつと、そのポケモン交換してよ」「え?やだよ!」「じゃあ、きょう」「やだ!」「お、俺がいい歳こいてポケモン好きなの知ってるくせに!」、そんな会話をしながら30分ほどが経った頃でしょうか。

 

りょう「ねぇ!きょうがいない!

 

事件が起こったのです。え?何言ってんの?きょうはそこに…いねぇぇぇぇぇぇええええ!!!!

 

りょう「どうしよう、きょうが迷子に!」
僕「とりあえず落ち着こ。どこで見失ったかわかる?」
りょう「わかんない。気がついたら…」

 

周りには人、人、人。ただでさえチビのきょう、その姿は見当たりません。

 

僕「きょうー!きょうー!」
りょう「きょうー!きょうー!」

 

とりあえず家に連絡するか…………携帯がねぇぇぇぇぇえええええ!!!!!

どどどどうしよう、携帯置いてきちゃった…。

 

僕「りょう、うちまでの道はわかるよね?」
りょう「うん」
僕「じゃあお前は、一旦うちに帰って、お母さんに報告。俺は祭りの本部に行って聞いてみる」
りょう「うん」
僕「りょう」
りょう「うん」
僕「泣くな」
りょう「…うん」

僕「男の子は簡単に泣くな。大丈夫、お兄ちゃんがついてるから」
りょう「うん!」

 

きょう、きょう、きょう。本部に行っても迷子の届けはなく、僕はありとあらゆる縁日の前を駆け巡りました。きょうがいない。きょうがいない。自分の判断が正しかったのかは、わかりません。りょうには偉そうにああ言ったものの、自分の頭はパニック状態でした。

 

…くそ、いねぇ。

 

とりえあえず、一旦家に戻ろうか。携帯があったほうが、どう考えても良いだろう。

 

僕は縁日に背を向け、自宅へと走り出しました。暑いし苦しいけど、きっと、ずっときょうのほうが辛い思いをしている。見えた自宅、そして玄関をくぐるなり 「大変!きょうが!」

 

りょう「カルピスうまくね?
きょう「うん、うめぇ

 

いるなー。ちゃんと、お揃いでいるなー。気抜いたらジグソーパズル始めちゃいそうなぐらい、くつろいでるなー。

 

お母さん「一人で何騒いでんの?」
僕「きょ、今日が今日で、本当によかったナァ」

 

なんか、迷子になったから先帰ってたんだって。ふーん、しっかりしてんのね。
あれー?君たち、何ニヤニヤしてんのー?夏休みの工作、バットでフルスイングしていい?

 

お母さん「ところであんた、何か顔色悪いよ?」
僕「そ、そう?」

 

疲れがね、ドッと出た。「ごめん、俺ちょっと部屋で寝るわ」

 

目が覚めたら、もうどっぷりと夜で。窓の外から聞こえていた祭り囃子も、すっかり大人しくなっていました。やっべ寝過ぎた。祭り完全に終わってる。りょうときょうは…?

 

お母さん「ずいぶん寝てたねー。もう皆帰っちゃったよー」
僕「あ、そうなんだ」

 

僕は冷蔵庫から麦茶をとりだしては一杯飲み、ソファの上に寝転がろうとしました。

 

あれ?これって…。ソファの上にあったのは、りょうがクジ引きで当てたポケモンの大きなぬいぐるみ。あいつあんなに嬉しそうだったのに、何だって忘れて行ったんだろ。

 

僕「りょう、これ忘れてんじゃん」
お母さん「あ、それ。何かりょう君があんたにって」

 

祭りの後に。

 

男の子だけど、ちょっと泣きました。

 

カニほじるやつは、お母さんにあげました。


【1日1回↓の緑(blog Ranking)をクリックして欲しいんですけど。いかがでしょう?】 

Banner2_4

« 切手代いくらかわかんないけど、君に届け | トップページ | コンビニ・ララバイ »

コメント

最近ホロッとくるの。 でも笑っちゃう所もあって、コメントに書ききれないくらい好きだな~。
プレステ2と米食ってチューは予想できなかった(笑)
悔しいけどおばあちゃんに完敗だ~(笑)
アナスイさん、いつもありがとう!

投稿: しおから | 2012年9月13日 (木) 01時39分

これ好きだなぁ。

投稿: | 2012年9月14日 (金) 12時22分

きっとりょう君なりのお礼だったんですね!

投稿: ヤタピ | 2012年9月14日 (金) 23時58分

アナさんの人柄と運のなさが、めちゃ出てていぃ!
今回は、ホンマに落ちが、ストンときてましたー!

投稿: じゃぱ | 2012年9月16日 (日) 03時45分

おばあちゃんとりょうくんのおかげで、こころ温まりました^^

投稿: ぼん | 2012年9月21日 (金) 10時40分

まだかなまだかな~~~がっけ......いかん年がバレる。

更新お待ちしております。

投稿: ふぇろもん | 2012年11月27日 (火) 02時14分

私も次の更新楽しみにしていますよ。

投稿: クネドリーキ | 2012年12月 8日 (土) 03時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212070/47050961

この記事へのトラックバック一覧です: 祭りの後に:

» 松尾翠アナ 不倫スキャンダル 福永祐一騎手と熱愛 ベッドでのツーショット動画?! [不倫スキャンダルでお騒がせのアナウンサー・松尾翠アナが撮影した映像がとんでもないことに]
松尾翠アナ 不倫スキャンダル 福永祐一騎手と熱愛 ベッドでのツーショット動画?! [続きを読む]

受信: 2012年9月14日 (金) 19時19分

» アナスイ財布とアナスイバッグ アナスイ通販情報 [アナスイ財布とアナスイバッグ アナスイ通販情報]
アナスイ通販情報について解説されたサイトです。 [続きを読む]

受信: 2012年9月17日 (月) 23時01分

« 切手代いくらかわかんないけど、君に届け | トップページ | コンビニ・ララバイ »